Sense-up+とは

  • コンセプト
  • プロフィール
  • アクセス
牛島和彦

牛島和彦/代表

元プロ野球選手
野球解説者

Profile

  • 全国高校野球準優勝
  • 中日ドラゴンズドラフト1位入団
  • ロッテオリオンズ移籍
  • 千葉ロッテマリーンズ退団
  • 野球解説者
  • 横浜ベイスターズ監督
  • 現野球解説者

スポーツ界や芸術、あらゆる世界で「センス」という言葉を耳にします。果たして「センス」とは何なのか?辞書には、「物事の感じや味わいを微妙な点まで悟る動き、感覚」とあります。でも、「センス」がないといわれるとどうでしょう。可能性がないように感じてしまい、あきらめてしまうことが多いのではないでしょうか。

人はそれぞれ違います。感じ方や体型、動き方などいろんな点で異なります。同じように教わっても表現できる人と、そうでない人がいるように、できない人は違った教わり方をするとできるようになる場合もあります。その人に合った調整法で正しく筋肉を使うことで、関節がスムーズに動くようになり、できなかった動きが驚くほど簡単にできるようになります。

「センス」はないものではなく、必ず存在するもので、使い方に気付いていないだけなのです。その人に合った、命令の伝達で正しく体や心を使うことができれば、きっと、理想に近い動きに出会えます。

「できないことができるようになる」そんな経験を是非、実感して下さい。

牛島和彦

※スケジュールの都合により不在の場合もございます。

山口光國

山口光國/塾長

理学療法士、
日本肩関節学会・アジア肩関節学会会員、
日本健康心理学会会員、
(株)ワコール技術指導員

Profile

  • (株)日立製作所(現柏レイソルfw)
  • 府中リハビリテーション専門学校卒業
  • 昭和大学藤が丘リハビリテーション病院
  • 横浜ベイスターズフィジカルコーチ
  • カラダの学校 校長
  • 有限会社セラ・ラボ 代表
  • 群馬パース大学 客員教授

「心、技、体」どの世界でも、その重要性は優劣つけることができない、とても重要なものです。近年、その順番が最も個人のレベルアップに最適かなど議論され、その中で特に身体的機能、心理的機能についてのさまざまな手法がクローズアップされ実施されています。そういったことで過去に比べて今は、トップレベルのスポーツ界で素晴らしい成果を上げています。

では、一般的にはどうでしょうか?
「どうやったらいいの?」「やってみたけど成果がでなかった」と現実的には思ってる人も多いのではないでしょうか?

一番大切なことは、自分自身を客観的に知る「センス」を持つことです。あるプロ野球選手のヒーローインタビューです。「今日は調子が良くなかったので、丁寧に投げたことが結果につながったと思います」。自分自身の能力を知らなければ、期待される効果は得られません。心と体と技は相互にかかわってくるもので、今の状態で何に着目し、何を最も大切にしなければいけないかに気付くかが重要です。そして、個人でその内容は違います。未来に向かって成長していくためには、自分自身で気付くという、その「センス」を身につけなくてはなりません。

このアカデミーは、目先の能力を上げるためのものだけでなく、未来の可能性を無限にするための本質的な能力「センス」を上げるためのアカデミーです。お子様や選手だけでなく、指導者、ご父兄、野球未経験者、いろいろなスポーツ選手、どなたでも参加していただけます。
センスアップをはかり、さらに、自分自身、お子様の成長を促してみませんか?

山口光國